一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ CATEGORY ≫ 季節の具材
CATEGORY ≫ 季節の具材
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

冬至

12月22日の本日は「冬至」にあたります。
一年のなかで一番日が短い日と言われるのが冬至ですが、古代ではこの冬至を一年の始まりとして元旦のようにおめでたい日と定めていたようです。


さらに今年は、新月と重なる『朔旦冬至(さくたんとうじ)』と呼ばれる19年に一度の特別な日なのだそう!

二十四節気・七十二候、新暦や旧暦、月と潮のことは詳しくなくとも、
とにかく特別な日なのであれば、今年はちょっと「冬至」をじっくり楽しむチャンス!!


冬至には「ん」のつく食べ物を食べると病気にならず、健康に長生き出来ると言われています。
(「ん」→「うん」→「運」  と言うことらしいです)

特に「ん」の二つ入る食べ物は「ん盛り(運盛り)」と呼ばれ、冬至に食べる物として好まれてきたそうです(^^)

(なんきん)かぼちゃ、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん・・・など。

特に冬至にカボチャを食べる風習は全国各地に広まっているそうで、冬至=かぼちゃのイメージが強いんですね♪
また、冬至にはカボチャを食べるだけでなく柚子を入れたお風呂に入ることも全国認識かと思います。


この柚子湯は、

「柚子→融通」と言う言葉にかけているそうです!(知らなかった~!)


さらに
「冬至→湯治」にかけていることから、柚子を入れたお風呂に入る風習が生まれたとのことです。


今夜は19年に一度の特別な冬至

「ん」のつく食材たっぷりのみそ汁を頂いて、
柚子湯に入って、
これから一年の健康を祈願いたしましょう!!


冬至味噌汁
スポンサーサイト

秋田の旬を食べよう!


スーパーでは年中、彩りキレイな野菜が多種多様に並んでいます。
野菜に始まり肉・魚・・・季節を問わず何でも揃っている世の中、これを「豊か」と言って良いのかは疑問ですが、最近の子供達はそのせいか「旬」を知らないと言います。


一杯の味噌汁プロジェクトでは、毎日のみそ汁の具を通じて、秋田の食材や旬の食材を子供達に伝えたいと考えています

きのこ汁

秋田の秋は、キノコが美味しい季節(^^)
しめじや舞茸、シイタケやえのきなどの定番キノコから、秋田の山で採れた天然キノコも豊富です!
キノコと一緒に旬の「芋の子(里芋)」などを入れ、ボリューム満点のお味噌汁などはいかがでしょうか

キノコの旨味を生かすために、ダシを取らなくとも美味しいお味噌汁が完成すると思います
大鍋でたっぷり作るお味噌汁もまた美味しい~


ニンジンやジャガイモ、などの根菜も美味しい季節♪
季節の野菜を楽しみながら、お子さんにも是非お味噌汁作りを手伝ってもらいましょう!

みそ汁プロジェクト

子供って、味噌を溶く作業を喜んでやってくれますね(^^)
みそ汁を自分でしっかり作れる子供に!
キッチンから自然に「旬」を学ぶんですね~

「旬」とは単に美味しいだけでなく、体の調子を整えるためにも大切だと言われています。
夏には体を冷やす食材、秋には夏の疲れを取り冬に向かって体を整える食材、冬には体を温める食材、春には冬に溜まった老廃物を排出するための食材・・・


「旬」に従うことは、自然に従うことなんですね♪
何だか体調が・・・と言う時こそ、ちょっと旬食材に注目してみるのもイイかも知れませんね

一杯の味噌汁が美味しい季節
ご家族みんなで、秋田の旬食材でお味噌汁を楽しんでみませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。