一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ CATEGORY ≫ 味噌汁のアレコレ
CATEGORY ≫ 味噌汁のアレコレ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ごはんとみそ汁の煮炊きが出来る子に!


『食べることは生きること』

そう言われますが、言葉にするとサラっとしすぎて印象に残りずらい文句ですよね。
ところが、これは非常に重要なワードだと思うのです。


「生きること」つまり健全な精神状態と体調あって生きられる訳ですから、
その原点はやはり食べることにあります。


腹が減っては戦はできぬ

と言うことですね。


お腹がすくと体力がなくなり、気力が失われます。
気力が失われると、何もしたくなくなります。


何もしたくない自分に気が付くと、いわゆる精神的なマイナス思考が生まれます。



自分で食べるものをこしらえることが出来ると言うのは、「生きる原点」「生きる気力」を自分自身の手で
作り上げることが出来ると言うこと。


つまり、食事を作る技は、生きることの土台となる自己肯定感の導きになると考えることが出来ると思います。


自分自身の心と体を整える食を、自分の手で作り出せる。
自己を自身で整え、生きる力を奮い立たせることが出来る。


基本的なことではありますが、お金を出せばお腹を膨らませることの出来る今の世の中では、
ちょっと立ち止まってこの重要性について立ち返る必要を感じます。




だからと言って、何も小さな子供に包丁使いを教えましょうとか、難しい料理を何品も教え込むことをオススメしているのではありません。



「ごはん」と「みそ汁」だけでも良いと思うのです。



体を動かすエネルギーとなる糖質は、ごはんでありたいものです。
体を作るタンパク質や調子を整える栄養は、みそ汁でまかなえます。



みそ汁の5徳と言われる一つに
「簡単に調理ができる」と言う利点が上げれています。



ダシを引いて鍋で作るみそ汁が基本であるのかも知れませんが、
お椀に味噌とネギ、その他の具材を入れてお湯を注ぐだけでもみそ汁は完成します。



「ごはん」と「みそ汁」の煮炊きが出来ることで育まれる自己肯定感。
調理の簡単なみそ汁から伝えて行きませんか?



食べることは生きること。

いつも前を向いて歩んで行ける子供達に育てていきたいものです(^^)



難しそうな豚汁も、お一人様分を簡単に作ることが出来るんですよ♪

ごま油を引いたフライパンで豚肉を炒めます。

お椀に味噌・ネギ・炒めた豚肉・すりごまなどを入れたら、熱湯を注いで完成!


豚汁


手作りごはんは経済的。
みそ汁は心と体を整える健康食。

豚汁1


こんなお手軽みそ汁の作り方ひとつでも、息子にしっかり伝えていくことで何か彼の人生の支えになると思います。

忙しい時こそ、落ち込んだ時こそ、体調が悪い時こそ、もちろん元気な毎日にも、
ごはんとみそ汁をササッと作って、ガッツリ食べて元気チャージ出来る子供に育てて行こうと思います!!


スポンサーサイト

はなちゃんのみそ汁


一杯の味噌汁プロジェクトの想いはこの物語から大きな影響を受けています。

「はなちゃんのみそ汁」

今週土曜日放送予定です。

はなちゃん


食べることは生きること!

生きることの原点、子育ての原点を見つめ直す良い機会となりますよう、ご家族みなさんでご覧になってみて下さい(^^)

新作!味噌ボールちゃん❤


その昔、丁稚さんや飛脚さんが栄養補給のために持ち歩いた味噌玉を現代風にアレンジしたインスタント味噌汁。
一杯の味噌汁プロジェクトでは『味噌ボールちゃん❤』の名のもとに、皆様に新しいお味噌汁の楽しみ方をご提案させて頂いております(^^)


この度、五色あられ(ぶぶあられ)を使って、見た目も可愛い子供が喜ぶ味噌ボールちゃんが完成です

五色味噌ボール1

味噌にダシになる乾物(鰹節やにぼし粉)を混ぜ合わせ、具になる乾物を混ぜ込んだものをコロコロ丸めた味噌ボールちゃん。
今回はこの味噌ボールちゃんの表面に五色あられをまぶしてみました

五色味噌ボール

スイーツみたいで、お味噌汁とは一見想像もつかない仕上がりですね

味噌汁をこんな形で子供たちにも楽しんでもらえたらと、プロジェクトメンバー一同、味噌ボールちゃんの新作作りを楽しんでいる今日この頃です♪

五色味噌ボール2

味噌ボールちゃんの詰め合わせ
左上より白ゴマ・五色あられ
左下よりプレーン・とろろ昆布

アイディア次第で色々楽しめるのがイイですね!!


7月より毎月30日に潟上市の「ダイサンスーパー」さん新店にて『味噌の日』を開催予定
横手市のお味噌の直売の他、味噌汁の試食、味噌を使ったスイーツの直売を行います。

また、味噌ボールちゃんを親子で作る教室を同時開催予定です!
詳しくは、決定し次第お知らせいたします♪


夏休みに親子で味噌ボールちゃん作ってみませんか

新作味噌ボールちゃん♪


一杯の味噌汁プロジェクトがオススメする手作りインスタントみそ汁『味噌ボールちゃん』の新作として、
ココナツカレー風味みそ汁を作ってみました

味噌パウダー2

お味噌に少量のカレーパウダーを混ぜ、ココナッツパウダーでコーティングした味噌ボールちゃんです♪
カレーに合うよう、みそ汁の具は乾燥にんじんと切干大根にしてみました(^^)

味噌パウダー1

洋菓子のような美しさ
これがインスタントみそ汁だとは、見た目から想像できませんよね~

味噌パウダー

最近では、味噌のフリーズドライ商品が人気のようで、
こちらの味噌パウダーをコーティングするだけで、見た目が可愛らしい味噌ボールちゃんが完成となるわけです


アイディア次第で、具材や味もいろいろ楽しめる「味噌ボールちゃん」。
8月にこの味噌ボールちゃんのワークショップを御所野イオンで予定しております

詳細は後日♪
ご家族みなさんで、お味噌汁の新しい楽しみ方を体験しにいらして下さいね

プロポーズの言葉❤


僕のために、毎朝味噌汁を作ってください!!


プロポーズの言葉として、ある時代には「味噌汁」が食卓の定番、日常の食、そして家族の健康を守る一品だったわけです。

今の若い人にこの言葉の意味が理解できるかしら・・・?
と、思ってしまうのは私もある程度の年齢だからでしょうか


ところがダンチュウ(男子厨房に入る)が流行する昨今に、嬉しいプロポーズの言葉を発見です!!


ボクに、毎朝お味噌汁を作らせて下さい


いつの時代も、こうやって変わらずに一杯のお味噌汁がパートナーや家族を繋ぐ食卓の定番の一品として受け継がれることを願っています

お味噌汁の温かさと美味しさは愛の象徴です(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。