一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

味噌ボールちゃん(仮)


先日ご紹介した、無添加手作りインスタント味噌汁の試行錯誤が続いている今日この頃です(^^)
「味噌ボールちゃん」と勝手に命名したりして、楽しみながら作っております

味噌ボールちゃん1

中身より箱代のほうが高くなると言う驚きの展開
でも、こうやってラッピングすると味噌汁もオシャレになってくれるのねぇ~!

味噌ボールちゃん

味噌ボールちゃん
是非、子育てママ達と一緒に作って楽しみたいですね(^^)


一杯の味噌汁プロジェクトでは、この味噌ボールちゃんを作って楽しむ出張教室を受け賜っております

材料費&参加費
お一人 300円

子育てサークルさんや、児童センターさん、幼稚園さんなど、是非お気軽にお問合せ下さいね
misoshiru.akita@gmail.com





スポンサーサイト

味噌作り講習会

手作り味噌のお教室の開催が決定で~す

おご自宅でも手軽に作れる分量で、気軽に味噌作りが楽しめるお教室です
お教室で作ったお味噌約2㎏は、お持ち帰り頂き、じっくり熟成と完成をお楽しみ下さいね
3月30日は家族で味噌作りを楽しむ教室ですよ~(*^。^*)



3月19日(火)午前10時~12時
場所・・・秋田市遊学舎・食工房
参加費・・3500円(材料の他、5ℓ容器と重石付き)
定員・・・6名


★家族で味噌作り教室(^^)
3月30日(土) 午前10時~12時
場所・・・秋田市遊学舎・食工房
参加費・・3500円(材料の他、5ℓ容器と重石付き)
定員・・・6世帯(パパやママと一緒にお味噌を作ろう!)



両日とも以下の持ち物をご持参下さい
・エプロン
・三角巾
・マスク
・ある方はマッシャー(ジャガイモなどを潰す調理器具のこと)
・5ℓのホーロー容器や5ℓのプラスチック味噌入れ容器、落し蓋と3㎏~5㎏の重石をご持参の方は1000円引きとなります。



お申込みは misoshiru.akita@gmail.com または080-1823-5303(小山)までお名前・連絡先・参加希望日・参加人数・容器の有無を明記のうえ、お願いいたします

5日以内に返信のない場合は、お手数ですが080-1823-5303までご連絡下さい。




味噌汁の薬味


お味噌汁の薬味と言えば、ネギがダントツだと思います。
その薬味ですが、対してものすごく重要じゃないように思えて、でもこれがまた、入っていないと味がどうもイマイチになってしまうお味噌汁の縁の下の力持ち的存在なんですよねぇ(^^)


この薬味ですが、セリや三つ葉を刻んだ物でも大変美味しいんです

三つ葉の味噌汁

彩りもキレイ
完成したお味噌汁の火を止めて、食べる直前に散らすと香りが立って美味しいです
(写真は三つ葉を薬味にしたお味噌汁です)




旬のたら汁


秋田はタラが旬を迎えています
先日、にかほ市~象潟へ出かけた折に道の駅で売っていた大きなタラに子供達は釘づけ

黒々ヌメヌメした体に大きな口。
その風貌からはちょっと想像できないほど美味しいタラ!

家に戻って早速タラ汁で頂きました

タラ汁

タラの身は一口サイズにし、大根とにんじん・ネギ・しいたけ、そしてタラコも味噌汁の中へ
このタラコがお味噌汁に入れても美味しいんですよ~(*^_^*)

魚介から出るおだしって、なんでこんなにホッとするお味なんでしょ
魚介を具にするお味噌汁なら、事前におだしを取る必要がないのも手軽でイイですよね(^^)


奥は、新鮮なタラだからこそお刺身でいただける、白子(だだみ)です
冬の日本海からの贈り物は、秋田の日本酒にぴったりなご馳走になりました



風邪予防になめこ汁


秋田と言えば、きのこの生産地でもあります。
そのキノコの中でも私が最近注目しているのが、なめこ
秋田のなめこはサイズが大き目で、臭みがなく、とっても美味しいんです!!

なめこ汁

ドドド~ンと作って、ドドド~ンとなめこをこれでもかっ!ってくらい入れるのが我が家流

なめこのヌルヌルは納豆や長いもと同じムチンという成分。
このムチンが呼吸器系などの粘膜を覆ってくれるので、風邪予防にはもってこいの食材なんですって


また、なめこにはミネラル分のカリウムも多く含まれています。
カリウムは体の余分な塩分を排出し、むくみを防いだり、血液の浸透圧を調整し、高血圧を予防する働きがあります。

つまり、お味噌汁とはと~っても相性の良い具材の一つなんですね
秋田味噌でホカホカの秋田なめこ汁
秋田の食の豊かさに感謝です(^^)

行動人の取材を受けました

昨日、一杯の味噌汁プロジェクトが「行動人」と言うサイトの取材を受けました
秋田県内で、様々な活動をする個人や団体などを毎日紹介しているサイトで、秋田の面白さを発見できるサイトでもあります

当プロジェクトの掲載日はまだですが、宜しければ日々行動人のサイトをチェックしてみて下さい(*^。^*)


無添加!手作りインスタント味噌汁団子



市販のインスタント味噌汁には、美味しさを出すためにどうしても添加物が入っていますね。
まぁ、味噌には添加物のような化学物質を体外に排出する成分も含まれているので、それほど神経質になる必要もないのかと思いますが・・・


でも、妻の愛情・母の愛情が伝わるのはやっぱり手作りではないでしょうか

そこで、

無添加のインスタント味噌汁団子のご紹介です

とろろ味噌汁団子

秋田県産のとろろ昆布を使用した味噌汁団子!!

秋田産とろろ昆布


味噌・ネギ・乾燥ワカメ・とろろ昆布を使用しています。
この団子を味噌汁椀に入れ、100ccの熱湯を注いて1分たったら完成です


作り方はこちら↓

無添加インスタント味噌汁団子♪お弁当のお供に!
無添加インスタント味噌汁団子♪お弁当のお供に!

作者:あきゴン1844

■材料(1人分)
味噌 / 10g
ネギみじん切り / 4g
乾燥ワカメ / 3g
とろろ昆布 / 適量
熱湯 / 100cc

■レシピを考えた人のコメント
天然素材で風味を出した、無添加のインスタント味噌汁団子!熱々のお味噌汁をお弁当の時にも食べてほっこりして欲しいから(*^。^*)

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…




同じ要領で、男鹿のあおさを粉にしたものをまぶした高野豆腐の味噌汁団子

あおさ味噌汁団子

こんな風にラップに包んであげると、お弁当への持ち運びが可能です(^^)

高野豆腐味噌汁

味噌汁団子に熱湯100ccを注いで、1分たったら完成!
ラップに包んだ状態で、冷凍保存可能です(1週間)。

無添加味噌汁団子(あおさと高野豆腐)
無添加味噌汁団子(あおさと高野豆腐)

作者:あきゴン1844

■材料(1人分)
味噌 / 10g
ネギ / 4g
高野豆腐 / 6g
あおさ粉 / 適量
熱湯 / 100cc

■レシピを考えた人のコメント
お弁当にも熱々美味しい無添加のお味噌汁を食べて欲しいから(*^。^*)
あおさの風味が心に優しい~!

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…



味噌汁団子の表面にまぶしたとろろ昆布やあおさ粉が、風味豊かなおだしになるので、無添加でも美味しいインスタント味噌汁が完成するんですね


この味噌汁団子
今後、秋田のお味噌屋さんやお弁当屋さんなどと試験販売の予定です
お楽しみに~








冬休みのお手伝い@昆布だし

一杯の味噌汁プロジェクトでは、「味噌汁を作れる子供を育てよう!という柱を掲げています。

これは、18歳頃になって進学や就職で親元を離れても、体に良い味噌汁を自分で作って食べることが出来ることで、自身の体や命を守れる成人になって欲しいから(^^)

外食やコンビニに頼り、栄養の偏った食生活になることなく、お味噌汁とご飯で食と命の土台がしっかりとしている成人であることこそが、社会で活躍するための必須条件となるからです。


そのためには、小さい頃からの「食の教育」も必要。

幼児期や小学低学年のお子さんには、こんな冬休みのお手伝いはいかがでしょうか?

昆布水2

昆布だし」作りです。

だしと言っても、5g程度の昆布を小さくカットし、1リットルの水に一晩漬けるだけの昆布水です。
これだけでも、とっても美味しいお味噌汁のだしになります!


キッチンばさみで、お子さんに昆布を切らせ、お水を入れる。
この「食のお手伝い」をお子さんの毎日の仕事にさせてみてはいかがでしょう?

はさみでチョキチョキなら、工作をやるように楽しんでやってくれますよ


だし殻の昆布は、そのままお味噌汁の具に使って食べても良いですし、取り寄せて昆布の佃煮にしても美味しく頂けます
お好みでどうぞ


「○○ちゃんが頑張ってくれた昆布だしで作ったお味噌汁で~す!」

と、食卓に出せば、パパもお子さんもいつもよりお味噌汁を美味しく食べてくれること間違いなしです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。