一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

じゅんさいのお味噌汁

先日秋田市で一日限りの上映となった「よみがえりのレシピ」で、秋田の在来作物のひとつである「じゅんさい」を使ってお味噌汁を提供させて頂きました

よみがえり1

秋田を代表する食のスペシャリストが会場に集まり、大変貴重な時間を共有させていただきました。

よみがえり2

一杯の味噌汁プロジェクト有志のお味噌屋さんが提供下さった「秋田味噌」で作ったじゅんさい味噌汁は、ツルンとした喉ごしがなんとも言えません!!

よみがえり3

みそ汁の具を通じて「秋田」を考えることを、当プロジェクトの柱にも掲げています。
在来作物という普段聞きなれない野菜の存在を知る、貴重な機会となったよみがえりのレシピ上映会。


命の繋ぐため、食べ物がない季節を乗り越える知恵として生まれた在来作物の素晴らしさと生命力に大切なものを学んだ気がします。
そして、それを今でも守り続ける人々がいることに日本人としての誇りを感じました



★秋田ケーブルテレビ「ヒューマンあきた」で、28日まで一杯の味噌汁プロジェクトをご紹介いただいております。「食」と「秋田」と「命」を考える一杯の味噌汁プロジェクトへの思いを是非ご覧ください(^^)

スポンサーサイト

秋田ケーブルテレビにて放送中!


4月22日(月)~4月28日(日)秋田ケーブルテレビ「ヒューマンあきた」で、一杯の味噌汁プロジェクトへの思いをご紹介させて頂く機会を頂戴しました

お時間のある方、是非ご覧になってもらえたら嬉しいです

nezumi

自家製味噌漬け

自家製の味噌漬けも、美味しく食べきり冬野菜の部がこれで最後となりました。
我が家では、味噌7:ヨーグルト3程度の割合で味噌ヨーグルトを作り、それを漬け床にしています。
ヨーグルトが入ることで、子供も食べやすいマイルドな味噌漬けになります

味噌漬け

水が上がってきた時は、乾燥昆布を漬け床に入れます。
昆布が水を吸ってくれるだけでなく、旨味をプラスしてくれます

水抜き用に入れた昆布も食べますが、これが絶品です!!



最近、子供達がハマっているお味噌汁がこちら↓

のり味噌汁

干しえのきと海苔のお味噌汁です
えのきは干すことでうま味が増し、干しえのきを入れるだけでダシいらずです!
さらに、干すことでシャキシャキ感が出てとても美味しい!

海苔はアオサなどの高級なものでなく、お安いものでOK!
食べる直前にちぎって入れるのがオススメです(^^)

良かったら是非お試し下さい

特選ひらかみそ

秋田県内のお味噌を少しずつご紹介してみたいと思います(^^)
秋田味噌の原料は、基本的には「大豆」「麹」「塩」なのですが、その原料全てが秋田産のお味噌があるんです!!

ひらかみそ

新山食品加工場の特選ひらかみそ
秋田県産大豆、自社製の麹、男鹿の海塩と全ての原料が秋田の物で作られた大変珍しいお味噌なのです

ひらかみそ1

これは秋田土産にピッタリですね!
お友達や親しい方へのプレゼントにも最適

貴重なお味噌だけに、スーパーなどではお買い求め出来ません
直接、新山さんのお店へ伺うか、お電話でお問合せ下さいませ


(有)新山食品加工場 (里見のこうじや)
〒013-0104 
秋田県横手市平鹿町樽見内字相川野3
TEL 0182-24-1028
FAX 0182-24-1098

親子で味噌作り教室

去る、3月30日(土)親子で味噌作り教室を開催しました
春休み中の親子、6組がご参加くださいました。ありがとうございます!

親子で味噌作り教室

一杯の味噌汁プロジェクトチームで、時間までに茹でておいた大豆を使用し味噌作り開始
始めに味噌作りの工程を参考書(味噌組合様ご提供)を見ながら説明させて頂きました

親子で味噌作り1

パパも一緒にご家族4人で参加くださったFさんファミリー
パパの手つきの良さと、ママの子供達への優しい眼差しが印象的でした(^^)

今回は、ご家庭でも簡単に仕込める分量と言うことで、大豆をマッシャーで簡単に潰す方法で

親子で味噌作り

大豆は茹で汁も捨てずに味噌作りに使います。
子供達が丁寧に茹であがった大豆を取り分けてくれました

親子で味噌作り2

塩切の作業(麹とお塩を混ぜ合わせる作業)では、2歳の女の子が可愛い手でしっかりやっていたのに一同驚き
普段、ママと一緒にお味噌を作っているとのことで、次の工程まで2歳にしながら体験で理解しているのです!

これぞ「食育」!!

親子で味噌作り3

1時間後、キレイなお味噌が樽に仕込まれました
初めてお味噌作りをされて方も多かったのですが、想像以上に簡単すぎてビックリされたようです

そして、夏休みの子供の自由研究に、もう一度味噌作りを家でやってみたい!と言って下さったママも


家族みんなで仕込んだお味噌。
食べごろになるのは秋口ですが、じっくりゆっくり楽しみながら熟成して下さいね♪


今季のお味噌作り教室は一旦終了しますが、また9月頃から再開したいと思います
ご家族やお友達とお誘いあわせのうえ、是非ご参加をお待ちしております




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。