一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年10月
ARCHIVE ≫ 2013年10月
      

≪ 前月 |  2013年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

幼稚園味噌が完成!


一杯の味噌汁プロジェクトにご賛同いただき、実施モデル幼稚園として食育運動に取り組んで下さっている秋田市の幼稚園で、去年園児が仕込んだお味噌が完成のお披露目となりました

味噌作り体験教室1
(↑去年の味噌造り体験教室の様子)

こちらが完成したお味噌です(^^)
先生たちが可愛いラベルを張って下さり、園のお楽しみ会でのお披露目となりました

お楽しみ会1

当時の味噌作りの様子を写真展示していました(^^)
子供達の一生懸命な眼差しが懐かしいです。

お楽しみ会2

お楽しみ会

魁新報にも、当時掲載されましたね(^^)
ご父兄の方が拡大コピー&ラミネートしてくださって、合わせて展示されていました。

幼稚園のオリジナルキャラでしょうか?
大豆の「だいちゃん」
とっても可愛らしいですね

一杯の味噌汁プロジェクトでは、今後も様々なイベントや講習会などを通じて、多くの子供達に「食」と「秋田」と「命」を考えてもらう活動をして参ります。

また、実践モデル幼稚園や小学校、ママサークルなどなど、プロジェクトを一緒に楽しみながら子供達の生きる力を育む活動を共にしてくださる団体を募集しております!

お問合せは
misoshiru.akita@gmail.com まで。


秋田に広がれ!
一杯の味噌汁プロジェクト





スポンサーサイト

秋田の旬を食べよう!


スーパーでは年中、彩りキレイな野菜が多種多様に並んでいます。
野菜に始まり肉・魚・・・季節を問わず何でも揃っている世の中、これを「豊か」と言って良いのかは疑問ですが、最近の子供達はそのせいか「旬」を知らないと言います。


一杯の味噌汁プロジェクトでは、毎日のみそ汁の具を通じて、秋田の食材や旬の食材を子供達に伝えたいと考えています

きのこ汁

秋田の秋は、キノコが美味しい季節(^^)
しめじや舞茸、シイタケやえのきなどの定番キノコから、秋田の山で採れた天然キノコも豊富です!
キノコと一緒に旬の「芋の子(里芋)」などを入れ、ボリューム満点のお味噌汁などはいかがでしょうか

キノコの旨味を生かすために、ダシを取らなくとも美味しいお味噌汁が完成すると思います
大鍋でたっぷり作るお味噌汁もまた美味しい~


ニンジンやジャガイモ、などの根菜も美味しい季節♪
季節の野菜を楽しみながら、お子さんにも是非お味噌汁作りを手伝ってもらいましょう!

みそ汁プロジェクト

子供って、味噌を溶く作業を喜んでやってくれますね(^^)
みそ汁を自分でしっかり作れる子供に!
キッチンから自然に「旬」を学ぶんですね~

「旬」とは単に美味しいだけでなく、体の調子を整えるためにも大切だと言われています。
夏には体を冷やす食材、秋には夏の疲れを取り冬に向かって体を整える食材、冬には体を温める食材、春には冬に溜まった老廃物を排出するための食材・・・


「旬」に従うことは、自然に従うことなんですね♪
何だか体調が・・・と言う時こそ、ちょっと旬食材に注目してみるのもイイかも知れませんね

一杯の味噌汁が美味しい季節
ご家族みんなで、秋田の旬食材でお味噌汁を楽しんでみませんか?

イベントにて

秋田の秋は食のイベントが目白押しです!!
そんな中、一杯の味噌汁プロジェクトもPR活動

多くの皆様に、秋田のごはんと味噌汁の美味しさを再認識いただき、しっかりその素晴らしさを次世代に繋いで欲しいと思いました(^^)

醸し祭り

一杯の味噌汁プロジェクトを応援下さっている、横手市平鹿の麹屋さん「新山食品加工場」のおかみさんと
麹文化や味噌文化が根強いのは、やはり秋田が米どころだからですよね。
お恥ずかしながらこの年になって、改めて秋田のお米文化のスゴさに気が付いた管理人でございます・・・(^_^;)


教養大

秋田が誇る名門大学、国際教養大学の学祭で留学生の皆さんと一緒にお味噌汁を作り販売いたしました!
以前、留学生と一緒に仕込んだお味噌がステキなパッケージになってお披露目です
残念ながらこおちらは非売品・・・

教養大1

お味噌汁を作る作業も、販売応対もとても丁寧な留学生の皆様に感動しました!!
日本のおもてなしの心・・・
各国の若者から逆に学んだ気分でした。


一杯の味噌汁プロジェクトでは、facebook「広がれ!一杯の味噌汁プロジェクト」のグループサイトを開設しております(^^)
是非、皆様のご参加をお待ちしております!




一杯の味噌汁から伝えたい・・・


イモ類が美味しい季節になりました♪
お芋の甘い味噌汁は、それだけで心の奥底から幸せを感じられる仕上がりになりますね(^^)
たかが味噌汁、されど味噌汁。
ただただ家族の幸せと健康を案じ、作り続けていきたい・・・♥

イモの味噌汁


いつか家を巣立つ子供達。
一人暮らしをするようになる頃には、外食やジャンクフードでお腹を膨らませるだけの食事にもなるでしょう。
でも、巣立つ時に一言だけ伝えたい。

「体や心が優れない時は、みそ汁を食べなさい」と・・・。

その時が来るまで、ごはんと味噌汁だけは、しっかり煮炊きできる息子に育てよう(^.^)

母の伝えた味噌汁の味が、心の支えとなり生きる力となりますように・・・!




広がれ!一杯の味噌汁プロジェクト
facebookでグループサイトを運営しております。
是非、皆様のご参加をお待ちしております!!

行動人

秋田で様々な活動に取り組む人材を紹介するサイト『行動人』に当プロジェクトへの思いをご紹介いただきました
取材は1月頃だったので、すっかり忘れていたのですが・・・(^_^;)

よろしければ、是非ご覧になって下さい
行動人はコチラ

このご紹介をエネルギーに、明日からまたプロジェクト推進に精進したいと思います

現在、一杯の味噌汁プロジェクトでは、毎日ごはんと味噌汁を食べて元気に学校生活を送ろう!と言うモデル小学校を募集しています!
秋田の食で我が校の(または我が幼稚園の)子供達を元気にしたいと願う校長先生(園長先生)がいらっしゃいましたら、是非ご一報ください!!

misoshiru.akita@gmail.com

お待ちしております

いざ、横手市へ!


2012年秋に発足した『一杯の味噌汁プロジェクト』が2年目を迎えました

小さい規模ながら、味噌のセミナーや料理教室などを開催したり、イベントなどへ味噌汁の提供をさせて頂いたり、味噌造りの講習会・・・と、1年目は手さぐり状態でスタート。


2年目を迎えた先日、横手市様にプロジェクトのご紹介とご協力依頼に上がらせていただく機会を頂戴しました

プロジェクト資料

横手市と言えば、秋田の食を支える中心地域でもあり、発酵文化の栄えている地域でもあります。
横手と言えば「食」と言っても過言ではないくらい!!

米から野菜、フルーツに味噌、そして麹・・・秋田の食は横手にあり!と言ったところでしょうか。

プロジェクト資料1

プロジェクトが掲げる3つのスローガンを元に、「ごはん」と「味噌汁」という日本食の土台を今一度考える食育運動。
ごはんと味噌は秋田を代表する食だけに、当プロジェクトを通じて秋田を見つめ直すキッカケにも繋がると嬉しいわけです。


2年目は、一杯の味噌汁プロジェクトを実践しているモデル幼稚園やモデル小学校を中心に、市町村単位でその意識向上を図る企画を考えていこうと思います。

生きる力を育む一杯の味噌汁プロジェクト

広がれ!秋田の全ての子供達に!


一杯の味噌汁プロジェクトでは、facebookでも活動の輪を広げております
ご協力ご賛同いただける個人、法人、教育機関、マスコミ・・・等、全ての秋田の方を歓迎しておりますので、FBをお持ちの方は、グループサイトまでご連絡をお待ちしております!

FBグループサイト・・・広がれ!一杯の味噌汁プロジェクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。