一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

一杯の味噌汁農園!


自分の育てた野菜でお味噌汁を作ろう!!
大地に触れ、空を仰ぎ、雨にうたれ、虫と戯れ・・・

この春、一杯の味噌汁農園を開園いたします

農園1

土作りから苗植え、出来れば肥料も自然のもので無農薬。
その都度収穫した野菜は持ち帰りいただき、お味噌汁で楽しんで頂く他、
11月は畑でお味噌汁とおむすびを作り収穫祭を開催します!!

自分の育てた野菜でお味噌汁を作ってみたい方、この指止まれ~!!


<一杯の味噌汁農園>


●場所・・・秋田市河辺
●年会費・・・一世帯3000円~4000円(土地代、肥料代、苗代など)
●参加資格・・・味噌汁プロジェクト賛同者
       ある程度の責任を持って畑の管理運営に参加できる方
    (と言っても、皆で作る農園ですので、初心者さんや子育てママも大歓迎です!!)
●申し込み・お問合せ・・・misoshiru.akita@gmail.com

詳細は26日の味噌汁会議でもお伝えいたします(*^。^*)


※写真はイメージです。

農園
スポンサーサイト

心・体・絆


県サッカー協会キッズ委員会さまと一杯の味噌汁プロジェクトで、「心」と「体」と「親子の絆」を考える体験型イベントを開催いたしました!

秋田市中央スポーツセンターに作られた雪山では子供達がそり遊び、グラウンドでは雪上ボール遊びなどを思い思いに楽しみました

雪まつり8


雪の中を夢中で走り回る子供達。
そのキラキラしたまぶしい顔がとても印象的で、どの子も体をいっぱい動かした後は晴れ晴れとした様子でした。

雪まつり7


さぁ!体を動かした後はご飯がうまい!!
みんなでお味噌汁を作りましたよ

雪まつり1

雪まつり2

未就学児の小さいお友達には、「にぼし」の頭とハラワタをとる作業を担当してっもらいました!
この作業、本当に楽しいんですよ♪

ハラワタってコレでしょ~!!って、上手に出来た時は、誇らしげな顔です(^^)

雪まつり3

パパも一緒にクッキング
男同士の絆、こんなところでも芽生えるのかも知れませんね

雪まつり4

大鍋いっぱいに作るお味噌汁に美味しそう~!!と釘付けの子供達
お味噌を溶く作業も率先してやってくれます。


雪まつり6

お母さんが作ってくれたオニギリと、みんなで作ったお味噌汁で「いただきま~す!!」
小さいお友達が頑張ってくれた「にぼし」の風味が体に染みわたります。

普段お魚が苦手だというお子さんも、にぼしを丸ごと食べてくれた!!と驚くお母さんもいらっしゃいました

お味噌汁の美味しさを体験することから、好き嫌いへのイメージも払しょくされると嬉しいですね(^_-)-☆

雪まつり5

自然豊かな秋田。
季節ごとに、この自然の色や空気や感触に触れることの幸せを感じたいものです。

そして、季節ごとの旬食材をお味噌汁を通じて子供達にも伝えたいものです。



普段何気なく食べているごはんとお味噌汁。
普段何気なく見過ごしている秋田の自然。

そんな当たり前のことを見つめ直すと、そこには大切で欠かすことの出来ない「土台」があります。

心と体と絆の土台作り。
これからもサッカー協会キッズ委員会さまと一緒に考えて参りたいと思います

味噌汁を作って雪遊び!!


一杯の味噌汁作りと雪遊び

今週末のイベントのご案内です
秋田の大自然の中でおもいっきり雪遊び、そしてお味噌汁作りを楽しみませんか!!

雪遊び
※写真はイメージです。


サッカー協会キッズ委員会のスタッフによる雪上サッカーや、ゲームで盛り上がりましょう

日時・・・2月22日(土) 午前10時~15時頃まで
場所・・・秋田市中央スポーツセンター(下北手)
参加費・・・親子一組100円(お子さんお一人追加で100円プラス)
持ち物・・・オニギリ・雪遊び出来る服装
申し込み・・・不要(直接会場へお越し下さい)

お問合せは misoshiru.akita@gmail.com まで(^^)

キッズ味噌汁2

お味噌汁作りはにぼしで「おだし」をとりますよ♪
小さいお子さんも出来ます!

キッズ味噌汁

包丁が使える子は、材料を切ったりお味噌を溶いて本格的なお味噌汁作りに挑戦ですよ
雪山で食べる温かいお味噌汁とオニギリは美味しいこと間違いなしですね

太田「火祭り」で呉汁振る舞い(^^)


大仙市太田の「火祭り」で、郷土料理の呉汁を振る舞いさせて頂きました(^^)
呉汁とは、枝豆(大豆)をすり潰したものを入れた味噌汁のことで、九州地方をはじめ全国各地で食べられている郷土料理の一つです

大仙太田もまた、大豆の生産が盛んなことから呉汁の食文化が根付いているようです

呉汁2

大量の呉汁を作るため、この日はミキサーで大豆を撹拌させました。
とても手間暇かかる作業です。

呉汁1

お味噌の原料は言わずと知れた「大豆」です。
さらにこの撹拌させた大豆をトッピングするというお味噌汁ですから、いかに良質なたんぱく質を多量に摂取できる栄養豊富なものであるかがご想像いただけるかと思います!


呉汁3

寒い雪まつりの中、この滋養深い温かなお味噌汁は参加者の皆様の心と体に染みわたるものだったと思います

それにしても、郷土料理として残るお味噌汁は魅力的ですね
秋田には「納豆汁」という郷土味噌汁もございます。

全国各地のご当地味噌汁、きっと様々なのでしょう
興味深いですね!


呉汁4

一杯の味噌汁プロジェクトでは、今後、お味噌汁で秋田の皆様の心と体をポカポカにする取り組みをますます続けて参ります

食育講演



今年度ご依頼いただきました食育講演の全てを先日終える事が出来ました
月に1~2会場のペースで秋田県内の幼稚園さま・保育園さまにお声をかけて頂けたことに、心より感謝申し上げます。

講演

今年度は「生きる力」をテーマにしたお話をさせて頂く機会が多く、子育ての最終目標である「自立」を見据えた食のあり方をお話させていただきました

子育ては、ただでさえソレ自体が忙しくバタバタなのに、「食」と言われるだけでとても難しいイメージや面倒なイメージが付き物です。
どうにかこの負のイメージや先入観を払しょくしてもらう方法はないか・・・と考えたどりついた「一杯の味噌汁プロジェクト」の紐解きをしていくことで、お話の最後にはお母さん達のお顔がパーっと明るくなるのが嬉しいものでした(^^)

講演1

頼まれてもいないのに、最近は「のぼり」を担いで伺います!(笑)
これまた頼まれてもいないのに、いつもの通り和服で!(笑)


デビューし立ての演歌歌手の営業みたい


講演3

いやいや、とってもマジメに心を込めてお話させて頂いているわけです(^_-)-☆


時を同じくして子育てをするお母さん達に、少しでも私や味噌汁プロジェクトの思いが伝わってくれたら、こんなに嬉しいことは無いのです
子が生まれて初めて口にする愛が「母乳」だとすれば、ネクストステージの愛を「みそ汁」に込めて欲しいなと思うんです。

講演2

お料理が得意とか、苦手とかお母さん業にはさほど重要ではなく、むしろ誰でも知っている誰でも作れる「みそ汁」を心を込めて積み重ねて欲しいなと。

母の気持ち、母の愛・・・積み重ね、そして積み重ね・・・
私はそんな母親でこれからもいくでしょう。



この場を借りて、今年度お世話になりました講演先の皆様、関係者さまに心より厚くお礼申し上げます

大仙太田「火祭り」でご汁の振る舞い


2月15日(土)大仙市太田の『火祭り』にて、一杯の味噌汁プロジェクトが郷土料理のご汁をお振舞いたします
火祭りは17時~20時。
お近くの方は、是非遊びにいらして下さいね~

オススメ簡単ダシ


お味噌汁と言えば「ダシ」をとることに面倒なイメージをお持ちの方が多いようで・・・
顆粒だしやダシパックなどの便利な物をお使いになるのも一つですが、美味しさはやはり天然だしには敵いません!

先日、小学校の味噌汁教室へお邪魔した時に授業で採用されていた方法にアレンジを加えてみました。
簡単・美味しい・栄養満点!

参考にしてくだされば嬉しいです(^_-)-☆


にぼし

片口いわしと厚削り節です

片口イワシは、頭とハラワタを手でちぎって取ります。
その後、少しこまかくちぎって鍋に入れます。
厚削り節も同様にちぎってから鍋に入れます。


だしの準備はコレだけです

だし

この作業は、子供にお手伝いとしてやらせるのがベストですね!
「だし」とりに抵抗感を持たない子供に育てるためにも

味噌汁とごはん

鍋に入れた片口いわしと厚削り節は、そのまま具材として食べましょう(^^)
鍋から取りださなくてOKです

DHAやEPAといったお魚からしか摂取できない栄養を、お味噌汁で補給したいからです!
片口いわしは、とても深い味わいが出るので大鍋で作るお味噌汁にも向いています。



ダシから、味噌から、具材からたっぷりの栄養と愛情を補給できるお味噌汁
素晴らしい日本の食ですね!!



味噌汁マミー❤

最近、若い方たちの間で味噌作りや味噌料理が人気だと言う話を耳にします(^^)
さらに、味噌で美と健康を目指す「Miso Girl」が全国に味噌の魅力を発信していますね

misogirl

お米とお味噌の美味しい秋田
秋田の子供たちだからこそ、この恵まれた食資源を存分に「食育」に生かすべきだと私は考えます(^^)


お米とお味噌の美味しい秋田から、お味噌汁のある食卓で子供を育てよう!をスローガンに
今日ここに秋田で『味噌汁マミー❤』の結成を宣言いたします

味噌汁・・・おっぱいにもイイよね
味噌汁・・・栄養も満点だよね
味噌汁・・・優しい子供に育つよね
味噌汁・・・簡単な料理だよね
味噌汁・・・味噌と言えば秋田だよね


秋田の美味しいごはんとお味噌汁でハッピー子育てをしている「味噌汁マミー❤」から、こんなメッセージを発信して参ります


味噌汁マミー❤
へのご賛同・お問合せは misoshiru.akita@gmail.com まで

一杯の味噌汁プロジェクトinながの

長野県でも一杯の味噌汁プロジェクトが始動いたします!!
「食」を大切に考えたいと思うお母さんの気持ちは、全国共通の思いです

日本人ですもの!
日本食の土台「ごはん」と「お味噌汁」をしっかり見つめ直し、1汁3菜(2菜)に立ち返り、先人の知恵や伝統を毎日の台所から伝えていきたいものですね

冊子

今年6月開催の「第9回 食育推進全国大会~しあわせ信州食育フェスタ2014」で長野県の皆様にお会いできるよう、ただ今長野の元気印のお母さんが頑張っております!

長野県の皆様、どうぞこの取り組みに多大なご支援・ご賛同を賜りますよう心よりお願い申し上げます

そして、本部秋田県も今年は様々な所で皆様にプロジェクトのメッセージをお伝えできるよう頑張ります!!


★一杯の味噌汁プロジェクトfacebook
https://www.facebook.com/misoshiru.akita

★広がれ!一杯の味噌汁プロジェクト
https://www.facebook.com/groups/1422812527940124/

味噌汁会議やりました!


一杯の味噌汁から、秋田の元気を創造しよう!!

そんな思いから、プロジェクトに賛同して下さる方を募り、第一回・味噌汁会議を開催しました
誰も来てくれなかったらどうしよう・・・という思いとは裏腹に、
当日は用意した和室が人で埋め尽くされるほどの参加者さま。

ブログを見ました!FBを見て!お友達から誘われて!ラジオ聴きました!
と、嬉しいお言葉と共に26名の初めてのお顔が集ってくださり、感謝感謝の味噌汁会議が幕を開けました。

味噌汁会議

生産農家さん、子育て中のお母さん、主婦の方、地域団体さん、震災避難者さん、お料理の先生、店舗経営者さん・・・などなど。
一杯の味噌汁プロジェクトを通じて、秋田の大切な根っこの部分を考えたいという思いのある方々ばかりです。

味噌汁会議1

当初は「食育」だけを柱に活動してきた一杯の味噌汁プロジェクトでしたが、1年間様々なイベントやコミュニケーションを通じて、発起人の私自身が味噌汁に新な気づきを得るに至り、今後は「食育」を中心に味噌汁で秋田を支えよう!という取り組みに挑戦することとなりました

早速、この味噌汁会議で出会った団体さまと、2月にイベントを組むことになりました!!
そして参加者の皆様は、初めて会う異業種の方々と名刺交換や情報交換など、味噌汁会議が新な繋がりの場となり、会話に花を咲かせていたようです。
秋田を考えたい人と人を繋ぐコミュニケーションの場としても、味噌汁会議の開催に意義があったと自負しているところです。


この会議は毎月一回開催されます。
一杯の味噌汁プロジェクトってどんな取り組み?
自分も何か秋田のため、プロジェクトのために力になりたい!
そんな皆様を年齢・職業問わず、心よりお待ちしております


第2回・味噌汁会議

◆日時・・・2月26日(水)午前10時30分~12時

◆場所・・・西部市民サービスセンター(ウエスター) 3F洋室

◆参加費・・・50円(資料代&お茶代としてご寄附いただけたら嬉しいです)

◆持ち物・・・筆記用具・名刺(必要な方のみ)

◆申し込み・・・不要。直接会場へお越し下さい。

◆議題・・・1回会議の反省とイベントの報告、今後の取り組みについて意見交換、自己紹介など


皆様のお越しを心よりお待ちしております。
また、3月の会議は3月27日(木)を予定しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。