一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

みそ汁農園の予定

今年、一杯の味噌汁プロジェクトでは、みそ汁の具材となる野菜を育てよう!をスローガンに農業体験型食育プログラム『みそ汁農園』を開園いたします!


自分で作物を植えてみたいけど、土地も経験も知識もない。
そんな皆様、一杯の味噌汁プロジェクトと一緒に農業体験を楽しみましょう!!


今日は現地視察に行って参りました。
まだ少し雪が残る、秋田市河辺の田口農園さま敷地内です

みそ汁農園1

比較的水はけの良い田んぼの一部を改良し、ここにみそ汁農園を作る予定です(^^)

みそ汁農園

同行した子供達が走る、走る、走る!!
広~い田んぼは、全てが自由な遊び場です


用水路には、ドジョウやホタルがいっぱいになるそうです。

そして、農道の広いこと!
これなら農作業の合間に、テーブル並べてお茶っこや、みそ汁&おにぎりを自然の中で味わうことも出来ます!

みそ汁農園2

子供達が走り回っても、車の危険の心配もありません。
心配なのは、子供の着替えを何枚用意したら良いか・・・という嬉しい悲鳴くらいかな(笑)



みそ汁農園、参加者さまを募集中です!
子育て世帯だけでなく、学生、企業、個人などどなた様でもご参加できます。

基本料金は
一世帯3500円(土地代、苗、肥料代込み)



以下日程で畝づくりから初めて参りたいと思います。
農園参加希望の方は、ご都合の良い日に現地へお越し下さい(^^)


<みそ汁農園>

◆日時・・・4月23日(水)・26日(土)・27日(日) 午前10時~12時◆場所・・・秋田市河辺 田口農園内
     国道13号線を秋田市内から大曲方面へ向かう。河辺ドライブイン手前の信号(角のGSあり)を左に曲がり、5分ほど直進すると右手に味噌汁プロジェクトの「のぼり」あり。その農道を右に入り、進むと奥に農園がございます。

◆参加費・・・一世帯3500円(土地代・苗・肥料・水道代込み)
◆持ち物・・・くわ、長靴、軍手
(現地にはトイレがございません。簡易トイレなど各自工夫され必要な方はご用意ください)

◆お問合せ・・・misoshiru.akita@gmail.com


スポンサーサイト

新年度はみそ汁パーティー!

毎月、最終週火曜日にABSラジオ「ごっくん晩ご飯」にてお味噌汁をご紹介させて頂いております
(15:40分頃~)

今月は、新年度の集いにも楽しいみそ汁パーティーをご紹介させて頂きました♪

みそ汁パーティー


トッピングで楽しむお味噌汁です
シンプルなジャガイモのお味噌汁に(みそ汁は何でもOK!)お好みのトッピングで


意外にも、ポテトチップスなどのスナック菓子、天かすなどの揚げ物が合います(^^)
食べるラー油や豆板醤などは大人の方にオススメですね

みそ汁パーティー1

この日ご提案させて頂いたトッピングは、

★エビチップス
★天かす
★せんべい
★炒り卵
★ミックスナッツ
★ガーリックチップ
★白ゴマ


この他、チーズやベーコンなどをトッピングすれば子供も喜ぶお味噌汁に変身です!
トッピングで味付けを自在変化させることで、ご飯だけでなくパンにも合うお味噌汁にもアレンジできちゃいます


この春、イベントやランチ会でみそ汁パーティーいかがですか
お好みのトッピングを持ち寄って、みそ汁を真ん中におしゃべりにも花が咲きそうですね!



みそ健康セミナー2014


秋田県味噌醤油工業協同組合主催の「みそ健康セミナー」が去る3月11日に開催されました。
毎年500名を超える聴講者さま。
味噌を考える、大規模なイベントの一つとなっています。


今年は「みそ汁の価値、再発見」という演題で、大妻女子大学家政学部教授で管理栄養士の川口美喜子先生がご講演下さいました(^^)

先日のNHK「あさイチ」にもご出演されていた先生です。

みそ健康セミナー2

栄養治療の観点から、医療の現場でも注目されている味噌汁のお話から。

流動食で「下痢」を引き起こす患者さんの改善に味噌汁を取り入れたお話は、人の最後を締めくくる「食」としての味噌汁の価値と、口から食べることで「生きる楽しみ」につながるのだと深い学びを得ることが出来ました。

離乳食は「みそ汁の上澄みから」・・・
人生最後も「みそ汁」・・・


味噌汁はまさにゆりかごから墓場まで大切にされてきた日本の食なのだと思います。

みそ健康セミナー3

みそ汁を子供たちに伝えることが、その子たちの健康を守ることにつながるのだと川口先生はおっしゃっておりました。


さらに最近では、スポーツ栄養学の分野でもみそ汁に注目が集まっています。
川口先生の栄養指導の元、地区大会敗退の野球チームがみそ汁で強豪校にまで成長したとか!!

まさにみそ汁は「勝つためのアスリート食」なのですね

白山のマラソン大会では、ポイントごとに具材やみその種類の違う「みそ汁」が置かれ、選手の水分補給・塩分補給を支えたそうです。

みそ汁はスポーツドリンクと同様の効果が期待されているんですね。
しかも、全て体に良い自然の食品です。


みそ健康セミナー1

セミナーの前後で、我々一杯の味噌汁プロジェクトでは400人分のみそ汁をお振舞させて頂きました
味噌は由利本荘市「マルイチ」さんと、湯沢市「ヤマモ」さんの2種類。


みそ健康セミナー

お味噌汁は当然、普段皆さんが食べなれているものが一番美味しいものです(^^)
このセミナーをキッカケに、ますます皆さんの毎日のお味噌汁作りが楽しくなるのかなぁ~と思いながらお配りしておりました。


みそ健康セミナー4
(左:ミソガール藤本さま、中央:川口先生、右:小山)


セミナー終了後、この日わざわざ神奈川よりお越し下さった「ミソガール」の藤本さん、川口先生と一緒にしばし歓談。
みそで繋がるご縁に感謝感謝の時間でした


今年は長野の食育全国大会でも一杯の味噌汁プロジェクト(長野支部)がワークショップを展開いたします。
秋田でもミソガール藤本さんや川口先生の応援を励みに、子供達の元気のためにみそ汁の素晴らしさを伝えて行こうと思います!!

幼稚園味噌造り体験教室


先日、秋田市の幼稚園で園児約50名と一緒に味噌造り体験教室を開催いたしました!!
この幼稚園は、去年に引き続き2回目の味噌造り

一杯の味噌汁プロジェクト実践モデル幼稚園として頑張っております(^^ゞ

聖霊味噌1

蒸した大豆・米麹・塩を自分達の手で混ぜ合わせていきます
粘土遊びの容量ですが、なかなか苦戦する園児たち。

聖霊味噌

混ぜ合わせる作業には、相当力も必要なんです!!
お友達と交代しながら、一生懸命混ぜていきます。

聖霊味噌2

30㎏の味噌を仕込みました
とても良い色!
そして、大豆の良い香り!!


聖霊5

仕込み樽に園児のみんなが色塗りをした「大豆のだいちゃん❤」のラベルが貼られました!!
カラフルな樽に、お味噌も大喜びです

聖霊味噌4

お弁当の時間には、去年園児が仕込んだお味噌で作ったお味噌汁です
園の保護者有志の方が作って下さいました

いりこ・昆布・鰹節を丸ごと食べるお味噌汁で、栄養満点!!
トッピングにすりごまで香りもプラスです


聖霊6

普段あまりお味噌汁を好んで食べないと言っていた園児も、

「おかわりないの~???」
「もっと食べたい!!」

と、お味噌汁のおいしさと、自分達で手作りした味噌の味を体全体でじっくり楽しんだようです。



昔はどこのご家庭でも手作りしていた味噌。
便利な世の中ではありますが、一年に一度幼稚園の行事を通じてそういう郷土文化にも触れる機会があればと思います。

そして、米どころ秋田・味噌どころ秋田を、こういった楽しいイベントを通じて学んでもらえたら嬉しいです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。