一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年12月
ARCHIVE ≫ 2014年12月
      

≪ 前月 |  2014年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

味噌汁プロジェクトの行く年来る年


今年は一杯の味噌汁プロジェクトとして挑戦の一年でした。

味噌汁の具となる野菜を自分たちの手で育ててみよう!
と、素人ながらに14組の家族と共に農園にチャレンジ


「みそ汁のうた」に振り付けを考えて頂き、お揃いのみそ汁Tシャツを着たママたちとステージ出演!
イオンでみそ汁を振舞うイベントにチャレンジしました


多くの小学校・幼稚園・食育講演に呼んで頂き、例年以上に秋田県内を走り回りました
一番の思い出は、初めて県北の大館市でみそ汁講座を開催できたことです!



秋田市だけでなく、太田町の一杯の味噌汁プロジェクトや長野県の味噌汁プロジェクトも今年は盛り上がりを見せてくれました。

日本食の土台である味噌汁。
その素晴らしさと魅力を次の世代にしっかり繋いでいくことで、子供たちの心と体の健康・地域の食を守りたいという思いが広がったと思います♪


鍋で作るだけが味噌汁ではなく、忙しい時代だからこそのご提案、手作りインスタント味噌汁「味噌ボールちゃん♪」は、色々な味やデザインのアイディア満載でした!

新作味噌ボールちゃん

五色味噌ボール

五色味噌ボール2

new味噌ボール

new味噌ボール1

男の子味噌ボール

中華風味噌ボール
カレー味噌ボール1


デコレーションしたものから、キャラ味噌ボール、カレー味など子供が喜ぶ楽しさ溢れる味噌ボールがいっぱいです


来年も、味噌ボールを通じて味噌汁の美味しさと魅力を伝える出張講座を行っていく予定です♪
出張講座へのお問い合わせは
misoshiru.akita@gmail.com までお気軽に


米どころ秋田は味噌どころ秋田。

ごはんを美味しく食べられる味噌汁は、秋田の野菜や魚を美味しく簡単に食べられる調理です。

味噌汁は誰でも簡単に作ることが出来ます!
味噌汁は美味しく栄養満点!
味噌汁はみんな大好き!
味噌汁は安くて経済的!
味噌汁は毎日食べても飽きがこない!


味噌汁を見つめ直すことから秋田の食を伝え、子供たちの心と体の健康を願い、命の大切を伝える一杯の味噌汁プロジェクトは、来年も沢山の皆様の笑顔に出会えることを楽しみにしております


今年一年、プロジェクトをお支え頂きました皆様に心より感謝の気持ちを込めてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

皆様にとりましても、来る年が素晴らしい一年でありますよう願っております。

スポンサーサイト

冬至

12月22日の本日は「冬至」にあたります。
一年のなかで一番日が短い日と言われるのが冬至ですが、古代ではこの冬至を一年の始まりとして元旦のようにおめでたい日と定めていたようです。


さらに今年は、新月と重なる『朔旦冬至(さくたんとうじ)』と呼ばれる19年に一度の特別な日なのだそう!

二十四節気・七十二候、新暦や旧暦、月と潮のことは詳しくなくとも、
とにかく特別な日なのであれば、今年はちょっと「冬至」をじっくり楽しむチャンス!!


冬至には「ん」のつく食べ物を食べると病気にならず、健康に長生き出来ると言われています。
(「ん」→「うん」→「運」  と言うことらしいです)

特に「ん」の二つ入る食べ物は「ん盛り(運盛り)」と呼ばれ、冬至に食べる物として好まれてきたそうです(^^)

(なんきん)かぼちゃ、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん・・・など。

特に冬至にカボチャを食べる風習は全国各地に広まっているそうで、冬至=かぼちゃのイメージが強いんですね♪
また、冬至にはカボチャを食べるだけでなく柚子を入れたお風呂に入ることも全国認識かと思います。


この柚子湯は、

「柚子→融通」と言う言葉にかけているそうです!(知らなかった~!)


さらに
「冬至→湯治」にかけていることから、柚子を入れたお風呂に入る風習が生まれたとのことです。


今夜は19年に一度の特別な冬至

「ん」のつく食材たっぷりのみそ汁を頂いて、
柚子湯に入って、
これから一年の健康を祈願いたしましょう!!


冬至味噌汁

みそ汁のうた!

一杯の味噌汁プロジェクトのオリジナルソングです♪

みそ汁のうた
↑クリックでご試聴下さい(^^)

「一杯の味噌汁プロジェクト」は、東日本大震災で津波の被害にあった一人のお父さんの言葉に衝撃を受けたことがキッカケで生まれました。

亡くなったご家族、全てを失ってもなお、生きるのだと奮い立ったお父さん。

その尊い命と生きる力を秋田の子供達に伝えるのが一杯の味噌汁プロジェクトです。


みそ汁飲んで元気いっぱいの秋田っ子に育って欲しいと、幼稚園を中心にオリジナルソングを引っ提げて食育講座に駆け回っております♪


「みそ汁のうた!」
どうぞごひいきに(^^)

広がれ!味噌ボールちゃん♪


一杯の味噌汁プロジェクトが発信する手作りインスタント味噌汁『味噌ボールちゃん♪』。
装いも新たに様々なイベントでお披露目させて頂いております。

new味噌ボール1

見て楽しい、お母さんと一緒に作って楽しい、食べて楽しいお味噌汁です(*^。^*)
こちらはお椀に味噌ボールを入れ、具になる乾物も添えてお湯を注げば味噌汁の完成となります!

男の子味噌ボール

ニコニコ顔が優しい味噌ボールちゃんは、ポンポン入れるだけで味噌鍋にも使えます!

new味噌ボール

ダシになる鰹節やにぼし粉を合わせた味噌を丸めた味噌ボールですので、
水炊きに味噌ボールをポンポン入れるだけで味わい深い味噌鍋が簡単に出来てしまうのです!

new味噌ボール2

寒い季節、お子さんと一緒にコロコロ味噌ボールちゃん作りなんていかがですか~♪



一杯の味噌汁プロジェクトでは、
味噌ボールちゃんを作って楽しむ出張教室を承っております(*^。^*)
お問合せは misoshiru.akita@gmail.com までお気軽に♪

大豆の収穫

みそ汁の具を自分達の手で育ててみよう!

そんな思いでスタートした『みそ汁農園』最後の作業を終えました。
大豆の脱穀と畑の片づけ(^^)

半年間、初めてのチャレンジに四苦八苦しながらみんなで頑張ってきた農園。
作物を作るのがこんなにも大変なことなのか、葉が開き花が咲き実をつけるのがこんなにも嬉しいことなのか、
収穫の喜びはそれはそれは大きなものでした!


自然から学ぶこと、考えなくてはいけないことが沢山ありましたが、来年度もまた農園をオープンできるように皆さんのご協力を得たいところです。


大豆

大豆の乾燥室や脱穀用の機械などを持っていない私たちは全て手作業で(^_^;)

叩いてみたり、手で丁寧に殻を裂いてみたり。
農園での思い出や日々の暮らしのことを語らいながら、のんびりとした共同作業の時間。


大豆2

その頃一方では、ベビちゃんのママたちが「だまっこ鍋」の準備を(*^。^*)
県外出身のママたちに、秋田の郷土料理作りを体験してもらいました!

大豆3

美味しいだまっこ鍋が完成したところで、農園メンバーと反省会&交流会です♪

だまっこ

収穫の喜びもひとしおですが、こうやって一つの目標を共にした仲間と頂く手作りの味は極上です!!
美味しい鍋を囲みながら、来年度の農園への意欲も湧き上がる時間となりました。






一週間後・・・

太田味噌汁プロジェクトでも大豆の脱穀作業です。
太田町の味噌汁プロジェクトは、地域の方、農業高校生、メンバーの方など沢山の皆さんがご支援くださると言う、理想的な農園運営をこの半年実現させてきました!

太田大豆1

こちらも手作業で一粒一粒脱穀。
丁寧な仕事のお陰もあって、約3㎏を収穫できたそうです!

2月にはこの大豆で味噌を仕込む予定!!

太田大豆

味噌汁を通じて具になる作物を育てる挑戦。
多くの子育て世代が繋がり、地域の方が繋がり、新しいコミュニティーが生まれました。

何もしなければ生まれなかったこのご縁。
これからも子供達の代にも繋いでいける地域の仲間であり続けたいと思います。


そして、農園作業を通じて学んだことを、小さなコトでも日々の暮らしや考えに生かしていけたらと思います。

味噌汁のように温かい仲間に支えられたみそ汁農園、今年度はこれにて閉園です♪
ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。