一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOPスポンサー広告 ≫ 季節を楽しむ秋のみそ汁TOP我が家の味噌汁 ≫ 季節を楽しむ秋のみそ汁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

季節を楽しむ秋のみそ汁


先日は素晴らしい十五夜でした。
お天気も良かったせいか、空がとても澄んでいてお月様の輝きがまぶしい夜でしたね

そんな十五夜をお月見団子ならぬ、団子汁で楽しんだ我が家です(^^)

月見団子汁

茹でたカボチャを潰してだんご粉と合わせ、お団子を作ります。
それをお月様に見立てて具にしたお月見みそ汁です


一年に一度くらいは、こんな手の込んだお味噌汁もいいかも知れませんね♪


さらに翌日の9月9日は重陽の節句。
秋の花、「菊」をお酒に入れた菊酒などで祝うそうですね(^^)

我が家では馴染みが薄い節句でしたので、これを機に5節句をみそ汁で食卓から考える機会にしたいと思いました。


重陽の節句

と、言うことで「重陽節句のみそ汁」です

秋田県十文字は食用菊の生産地。
地場物で日本の伝統文化を楽しめるのが嬉しい一品でした。

具材は県産菊の他、県産の小松菜・なめこです(^^)

菊を散らしたお味噌汁、子供達が驚いた様子でしたけれども、節句の話しをしながら美味しく楽しい夕飯を頂きました

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。