一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOPスポンサー広告 ≫ 秋の味噌汁TOP我が家の味噌汁 ≫ 秋の味噌汁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

秋の味噌汁


すっかりストーブの必要な季節になりました。
今年も雪の季節がくるのか~と思うと、秋田県民はやはり少しだけ憂鬱になりますが、そんな季節を先人たちは知恵を繋いで暮らしを立ててきたのですよね。

秋田に伝わる郷土料理がその知恵を見事に現代に伝えているように思います。

みそ汁はその最も原点となる先人の知恵がつまった食べ物であり、畑の様子を見てその日の味噌汁の具を決めていたと言います。

土地の物を頂き、季節の物を一汁一菜で頂く質素堅実な暮らし。
この飽食時代にちょっとだけ立ち返りたい献立の考え方ですね。



さて、寒くなり温かいお味噌汁がますます美味しい季節ですが、
我が家でこの時期定番のお味噌汁があります。

長いも汁

なめことすりおろした長いもの味噌汁です(^^)
長いもをすりおろすことで、ポタージュのような優しい食感になる他、トロトロ効果で汁が冷めにくくなります。


もう一品は、季節の根菜汁です。
畑でとれたさつま芋や大根、ニンジンなどをアレコレ入れて煮込みます。
軟らかくなった根菜はホッコリしますねぇ~♪
根菜汁

具や食欲によって、味噌汁を盛り付ける量も様々。
ずっと欲しかったちょっと大き目の味噌汁椀を先日手にいれました!(^^)!

みそ汁椀
写真だと分かりにくい・・・(^_^;)

右が大き目サイズ。
上が中くらい、左が小さ目サイズです。

豚汁大好きな子供達なので、大き目サイズの味噌汁椀がこれからの季節に大活躍しそうな我が家です♪
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。