一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOPスポンサー広告 ≫ ふくたちの味噌汁TOP我が家の味噌汁 ≫ ふくたちの味噌汁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ふくたちの味噌汁

秋田の春を呼ぶ野菜と言われる「ふくたち」。
この「ふくたち」が店頭に並ぶと、もうすぐ春だなぁ~という温かい気持ちになるのです(^^)

ふくたち


 秋に収穫する白菜をそのまま畑に残しておくと、やがて雪に埋もれてしまいますが、雪の下で種を残そうと葉の中に芯(花芽)を作り、茎を伸ばします。この状態をとう立ちといいます。〝とう〟には栄養がぎゅーっと凝縮されて蓄えられ栄養満点。県南部では食糧が乏しくなるこの時期、先人の知恵として、昔からとうを食べてきたのだそうです。県内でも屈指の豪雪地帯ならではの食文化です。~JA全農あきたHPより~


先人の知恵ってすごいですよね
長い秋田の冬を、こうやって上手に食べつなぐ知恵を子供達にも伝えていきたいものです(^^)

その「ふくたち」でお味噌汁を

ふくたちの味噌汁

色鮮やかなグリーンがお味噌汁を華やかな春色にしてくれます
白菜より柔らかで、小松菜や青梗菜のような甘味があり、お子様でも食べやすい美味しいお野菜です(^^)


秋田の春のお味噌汁は「ふくたち」も具材にオススメです



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。