一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOPスポンサー広告 ≫ 天地返しTOPお味噌作り ≫ 天地返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

天地返し


2月にお味噌作り教室へご参加頂いて皆様へご案内です
今月は天地返しの月となりますので、ご自分の樽に記載されている日にちをご確認のうえ、天地返しの作業をお願いします(^_^)/

天地返し

↑蓋を取ると「たまり」が上がっているかと思います。
たまりの量が少量であれば、たまりごと天地返しを。
多すぎる場合は少し取り除いて下さい。

また、カビが生えていた場合は、スプーンなどでカビを取り除きます。

天地返し1

「たまり」の量は写真よりもう少し多めでも問題ありません。

天地返し2

↑上下をひっくり返すように、底から持ち上げてふっくらかき混ぜます(^^)
たまりも一緒に混ぜて下さい。

天地返し3

↑天地返しが終わったら、表面を平らにならします。

天地返し4

↑樽の周りに付着した汚れを、アルコール(ウォッカや焼酎)を含ませた布やキッチンペーパーでキレイにふき取ります。

天地返し5

↑表面に空気が触れないように、ラップで味噌を覆います。
この時、味噌の表面に化粧塩は必要ありません。


天地返し6

↑落し蓋と重石をして蓋を閉めたら天地返し終了!
この時、落し蓋や重石もキレイに洗って、アルコールで消毒したものを使いましょう(^^)


この状態で、また2~3か月寝かせたらお味噌の完成です
楽しみですねぇ~

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。