一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOPスポンサー広告 ≫ お味噌汁教室開催しました!TOPイベント ≫ お味噌汁教室開催しました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

お味噌汁教室開催しました!


一杯の味噌汁プロジェクト初の「お味噌汁教室」を開催しました
今回は12組の親子がご参加下さり、日曜学校のような雰囲気の中、秋田味噌の特徴や味噌の味比べ、栄養についてなどを座学後、お味噌汁のダシについて秋田流の考え方をお伝えいたしました。

味噌汁教室1

味噌汁教室3

米どころ秋田の味噌は、米麹を多く使い大豆の香りを生かした製法が特徴です。
そのため、味噌などの発酵文化が盛んな県南のほうでは、お味噌汁にダシをとらない地域もあるとか。

それほど、秋田はお味噌が美味しいという証拠ですね!


味噌汁作りが手間だと感じる一番の要因は、この「だし」にあるようですが、だしを「取る」と考えるのではなく、火加減を調整することで具材から旨味を引き出す方法、または「だし」を具にしてしまおうという発想から、手間がかかり面倒だというイメージを払拭できたらと思い、お伝えいたしました。

味噌汁教室2

つまり、鰹節も昆布もお味噌汁の一つの具。
乾物である干しエビや切干大根も素晴らしい旨味を提供してくれる具。


もしくは、寝る前に5gの昆布を500ccの水に浸しておくこと!


これだけで、朝のお味噌汁作りがとっても気軽になると思います

味噌汁教室4

子供たちには、こんなユニークな方法でインスタント味噌汁を作ってもらいました
ワカメやふのりを髪の毛に、お麩や高野豆腐やネギで目や口を創作(^^)

クマやカエルを作ってくれたお子さんもいましたよ

子供の発想は無限大!
お味噌汁をこんな形で親子で楽しみながら身近な「食」にしてもらえたらなと思っています。

ハタハタの味噌汁

最後に秋田では今が旬のハタハタを使ったお味噌汁をご提案
魚介類は「だし」いらずで手早くお味噌汁が作れるオススメの具材です!

毎日のお味噌汁の具で、秋田の旬を子供たちに伝えていけたらステキですよね



お味噌汁教室。
次回は1月22日(水)秋田市北部市民サービスセンターで開催予定です。
託児付き(有料)の講座なので、乳幼児ママや未就園児ママもお気軽にご参加下さいね
また、ママではないけれども・・・というお一人様も大歓迎です!
皆で秋田のお味噌汁を楽しみましょう



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。