一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOPスポンサー広告 ≫ オススメ簡単ダシTOP味噌汁のだし ≫ オススメ簡単ダシ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

オススメ簡単ダシ


お味噌汁と言えば「ダシ」をとることに面倒なイメージをお持ちの方が多いようで・・・
顆粒だしやダシパックなどの便利な物をお使いになるのも一つですが、美味しさはやはり天然だしには敵いません!

先日、小学校の味噌汁教室へお邪魔した時に授業で採用されていた方法にアレンジを加えてみました。
簡単・美味しい・栄養満点!

参考にしてくだされば嬉しいです(^_-)-☆


にぼし

片口いわしと厚削り節です

片口イワシは、頭とハラワタを手でちぎって取ります。
その後、少しこまかくちぎって鍋に入れます。
厚削り節も同様にちぎってから鍋に入れます。


だしの準備はコレだけです

だし

この作業は、子供にお手伝いとしてやらせるのがベストですね!
「だし」とりに抵抗感を持たない子供に育てるためにも

味噌汁とごはん

鍋に入れた片口いわしと厚削り節は、そのまま具材として食べましょう(^^)
鍋から取りださなくてOKです

DHAやEPAといったお魚からしか摂取できない栄養を、お味噌汁で補給したいからです!
片口いわしは、とても深い味わいが出るので大鍋で作るお味噌汁にも向いています。



ダシから、味噌から、具材からたっぷりの栄養と愛情を補給できるお味噌汁
素晴らしい日本の食ですね!!



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。