一杯の味噌汁プロジェクト

「ごはん」と「味噌汁」を日本食の土台と位置付け、その素晴らしい価値と手作りの食卓を次世代に繋ぎます。未来を担う子供達の心と健やかな体の育みを、一杯の味噌汁から始めませんか!
TOP ≫ CATEGORY ≫ 味噌汁のアレコレ
CATEGORY ≫ 味噌汁のアレコレ
≪ 前ページ       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

味噌汁パワー!


味噌汁のパワーはスポーツ界でも注目されているようです!!
詳しくはコチラ

味噌汁パワー

とあるファーストフード店創業者は、12歳までに食べた物の記憶が生涯の味覚を左右するとして、子供が飛びつくような景品付きのハンバーガーの販売に力を注いだそうです。

小さい頃から自社の味に親しんでもらい、大人になってからも慣れ親しんだ味としてハンバーガーを記憶付けるのが狙いです。


日本人である私たち・・・
せめて、子供の味覚や心が里帰りする場所は、温かいごはんと味噌汁であって欲しいですよね

味噌汁の持つパワーを知り、是非子供たちをごはんと味噌汁のある食卓で育てて行きたいものです


夏のオススメ


今年も暑い夏になりそうな秋田県です。
暑い日には、さっぱりした物が食べたくなりますよね
お味噌汁も、さっぱりとした味わいの『赤みそ』はいかがでしょうか?

本来の秋田味噌とは『赤みそ』なのだそうです
市販されている秋田味噌は、最近は白っぽいものが主流ですけれどもね・・・(^_^;)

赤みそ味噌汁

赤みそに多く含まれる褐色色素メラノイジンは、高い抗酸化力を持つため、日焼けした肌には最適なんですよね
赤みそに慣れない方は、お手持ちのお味噌と混ぜ合わせて、自分のお好みにブレンドした合わせ味噌でお味噌汁を作って頂くのがオススメです

赤みそ1

この夏を機会に、お好みの秋田赤みそを楽しんでみてはいかがでしょうか
普段のお味噌汁と違って、ちょっと贅沢な気分も味わえるかも!

味噌汁の薬味


お味噌汁の薬味と言えば、ネギがダントツだと思います。
その薬味ですが、対してものすごく重要じゃないように思えて、でもこれがまた、入っていないと味がどうもイマイチになってしまうお味噌汁の縁の下の力持ち的存在なんですよねぇ(^^)


この薬味ですが、セリや三つ葉を刻んだ物でも大変美味しいんです

三つ葉の味噌汁

彩りもキレイ
完成したお味噌汁の火を止めて、食べる直前に散らすと香りが立って美味しいです
(写真は三つ葉を薬味にしたお味噌汁です)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。